就活で失敗しないために!ホワイト企業の特徴を解説!


就職活動のゴールは内定を獲得することと定めている大学生も少なくないかもしれませんが、同じ内定を獲得するのであれば、ホワイト企業の内定を獲得するに越したことはありません。しかし、日本の就職市場においては、実際に働いてみることでその会社の良さやホワイトさを見る術はなく、会社説明会や求人情報をもとに判断するしかありません。そうした限られた機会の中で、いかに自分に合った企業を見つけることができるか。そうした目利きの力も就活には必須と言えるでしょう。そこで今回は、求人情報などで注目したい、ホワイト企業の特徴について解説していきます。

 

求人数最多!東京都のおすすめ長期インターンシップ募集情報
渋谷区のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

ホワイト企業の特徴5選

ここからは、多くのホワイト企業で見られる特徴について紹介していきます。もちろん、これらの要素があるからホワイト、ないからブラック、というわけではなく、自分に合った働き方ができる会社こそ、本当の意味でのホワイト企業ではあるのですが、企業探しの参考として、一度チェックしておきましょう。

 

1.充実した福利厚生

福利厚生は、いわば会社が従業員のために用意した働きやすさを向上させるためのサービスのようなもの。この福利厚生が充実していれば、それだけホワイト企業としての下地が揃っていると言っても過言ではないでしょう。給与以外でお得なサービスを得られることの制度は、会社員として働く最大のメリットの一つです。社会保険に関しては当然として、そこに追加して住宅手当や家賃補助、また結婚や出産などに伴う家族手当の支給や交通費の全額支給などが代表的です。それ以外にも、独自の福利厚生サービスを導入し、テーマパークへの入場券や映画鑑賞券を割安で入手することができたり、旅行などの際に特別価格でホテルを利用できるものもありますので、仕事のしやすさはもちろん、プライベートもいかに充実させられるか、という目線で各社の福利厚生を確認すると良いですね。

 

2.離職率が低い

働きやすい会社というのは、社員が辞めない会社と言い換えることができます。給与面での満足度はもちろん、人間関係の気持ち良さや、先ほど解説したようは福利厚生など、働きやすい環境が整っていれば、従業員は自分から会社を辞めるという選択肢を選ぶ可能性はグッと低くなるはずです。もし辞めるにしても、独立して起業するため、新しい仕事にチャレンジするためといった前向きな理由が中心になり、そうした人の絶対数は決して多くはありませんから、当然ながら離職率は低くなるはずです。

 

まずは、入社3年後の離職率についてしっかりチェックしておくようにしましょう。3年間というのはいわば修業期間。その間は、会社や仕事を覚えることが中心となり、新しいチャレンジや独立といった選択をする人はほとんどいませんので、逆に言えば3年以内で辞めてしまう場合は、何かしら会社に好きではないポイントがあった時である可能性が高くなります。

 

いくら給料や福利厚生が良くても、同じ仕事を毎日ダラダラと繰り返すだけだったり、人間関係が良くなく、上司や先輩からの指導が厳しすぎる会社では社員の離職率も高まりますから、単純な条件だけでなく、実際働いてみてどうなのか、というのを知るための効果的な材料になるでしょう。

 

3.女性にとっても働きやすいか

今でこそ女性の社会進出が一般化しており、男性も女性も平等に活躍できる環境が整いつつありますが、古い企業ではまだまだ男性主体の運営しているところも少なくなく、女性に対する働きやすさを改善しようとしている会社ほど、今の時代に即しており、男女ともに働きやすい会社と言えます。産休や育休制度に関して、男性であればそこまで意識しないポイントかもしれませんが、それがあるかないかで、会社が考える理想の従業員の在り方がある程度想像できるため、しっかりとチェックするようにしましょう。もしもこれがない場合、会社側は従業員をあくまでも利益を上げるための道具としてしか考えておらず、ともすれば使い捨てで良いと思っているかもしれません。

 

4.休日休暇や残業削減への取り組みに積極的

プライベートの充実なくして、仕事の充実はありません。いくら給与が高くても、その分長時間の労働を強いたり、土日も返上で働かなければいけないような環境では、精神的な負担はもちろん、肉体的な負担も大きくなりすぎて、後で必ず公開することになるでしょう。月の残業時間はどれぐらいなのか、休日出勤はないのか、また仮に残業があったとしても、その分の残業代が正しく支払われたり、残業時間そのものを減らす努力があるのかといった情報は必ずチェックするようにしておきましょう。求人情報だけではわからない場合、説明会やOB訪問などの際に直接聞いてみるのもおすすめです。

 

仕事が楽しく、充実しているのであれば、長く働くことは苦にならないかもしれませんが、かといってそれが会社から強要されるような形になってしまっているところはホワイト企業とは言えません。ワークライフバランスをしっかりと考え、最低限働く時と休む時のメリハリをちゃんときかせられる会社かどうか、事前に確認しておいてください。

 

5.メンタルヘルスの窓口を設置している。

心の健康を意味するメンタルヘルス。このメンタルヘルスに関する相談を受ける窓口を用意している会社もホワイト企業である可能性が高いと言えるでしょう。会社というのは考え方や生い立ちが異なるたくさんの人が共同生活を営む場でもありますから、どうしても意見の衝突や価値観の相違というのは起こってしまうものです。それはどれだけ給料が高かったり、どれだけ福利厚生が充実していたり、どれだけ残業が少なくても避けることはできません。だからこそ、いざそうした事態が起こった時に、気軽に相談できる場所、悩みを打ち明けることができる場所があるというのは非常に重要なことなのです。ちょっとした心のズレが、時間を掛けて大きなズレやストレスへと変わっていってしまうことも少なくはありません。メンタルヘルスについて取り組んでいる会社はHPなどを調べれば簡単にチェックすることができますので、ここも事前に確認してくと良いでしょう。

 

インターン無料相談会〜企業選び・応募・ES/面接対策までサポート

 

ホワイト企業への就職を果たし、長く安心して働こう

現代では、転職や退職というのはキャリアステップの一つであり、世間的に見てもそこまでナイーブな問題とはされていません。しかし、本人にとっては、転職活動における苦労や新しい出発のための準備など、相当の苦労が必要になるものであることに違いはありません。どうせなら、最初に就職した会社で、悩みや苦労なく、充実した毎日を送れるに越したことはありませんから、「いざとなったら転職すれば良いし…」という考え方をするのではなく、自分にとって最高の環境を見つけてやるんだという気持ちで就職活動にのぞみたいものですね。働き方改革などが声高に叫ばれるようになり、企業の従業員に対する考え方や取り組みも大きく変動してきています。だからこそ、そうした取り組みに積極的な会社を自らの足で見つけ出し、理想の環境で働ける努力をしていきましょう。

日本最大級の長期インターン・有給インターンシップ募集サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で