インターンではピアスを外すべき?ピアス穴の隠し方とは


おしゃれを楽しむために、普段ピアスをつけている方も多いのではないでしょうか。

 

このピアス、長期実践型インターンシップや短期インターンシップではどのように扱うべきだと思いますか?

 

インターンでは就活や面接、社会人と同様、ビジネスマナーを守る必要があります。一方で、企業文化や業界の特徴もあるので、そこでの常識をベースに考えるのが吉です。

 

ここでは、インターンでのピアスの取扱い方について解説していきます。

 

インターンシップとアルバイトの違いとは?

 

インターンではピアスを外すのが一般的

まず、インターンではピアスを外すのが一般的です。ビジネスではピアスを必要のない装飾品だと考えられているため、付けていることでマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。アパレル業界などカジュアルな服装が認められている場合でも、最初はピアスを外しておいた方がよいでしょう。

 

とくに男性は注意が必要です。残念ながら、男女によってアクセサリーに対する評価が異なります。女性はフォーマルな場でもイヤリングやピアスの装着が認められるケースが多いですが、男性は基本的にNGとされることが大半です。とは言え、女性の場合でもインターンでは外しておくべきでしょう。

 

そもそも、企業がピアスや服装のマナーを設定している理由は何なのでしょうか。もちろん、その企業の風土といったことも影響していますが、それ以上に「企業にとってのお客様がどう思うか」ということを重視しているからなのです。

 

例えば、葬儀社のインターンに参加したとしましょう。葬儀社の顧客は、喪服を着た遺族です。その中で、ピアスをつけていたり髪を明るく染めていたりすると、お客様はどう感じるでしょうか。「この場所にふさわしくない」と思われますよね。このように、求められる服装というのは顧客重視で考えられるものなのです。

 

ピアスのようなアクセサリーがよいものとされていないのは、銀行や公務員、大企業といった、昔ながらの伝統が重んじられる企業に多い傾向があります。また、年齢層の高い顧客を相手にする企業や、信頼感を売りにする業界も同様です。このような業界を顧客とする企業では、同様にフォーマルな服装が好まれています。

 

一方で、IT業界やアパレル業界といった比較的新しい業界や、服装の自由が認められる風潮の業界では、ピアスの有無はさほど重要視されない傾向です。また、顧客と対峙する機会の少ない事務職や内勤職といった仕事も、服装は比較的自由な傾向があります。

 

とは言え、自由度の高い業界や職種のインターンであっても、最初の内はピアスを外しておきましょう。仕事に慣れてきて、徐々に社風を把握してきた場合、問題なさそうであればピアスをつけて働いても大丈夫でしょう。なお、絶対に怒られないようにするためには、社員の先輩にピアスをつけていいか聞いてみることです。

 

そして、ピアスOKという場合でも、あまりにも華美なデザインのものは避けておきましょう。大きいサイズのピアスや長いピアス、ドクロマークなどゴツゴツしたデザインのもの、奇抜で見た人が「痛そう」と思ってしまうものなどは、ビジネスの場ではよい印象を与えません。

 

もし、どうしてもピアスをつけたまま仕事をしたいという場合は、最初からピアス・服装自由のインターンに参加するようにしましょう。金髪など髪の色を問わない企業も中にはあるので、自分に合ったインターン先企業を探すのがベストです。

 

ピアスを外してインターンに参加する場合、目立たせないようにするためと言って、透明ピアスをつけたくなる方もいるでしょう。これも、基本的にはNGです。ピアスを外す場合、仕事中は何もつけないというのが正しい対処法です。

 

片耳1つずつ程度のピアス穴であれば、お堅い業界であってもさほど気にされません。しかし、ピアス穴が複数あいていたり、ピアス穴が非常に大きく目立っていたりする場合は、悪い印象を与えてしまう可能性が高いです。その場合、できる限りピアス穴が目立たなくなるよう、上手に隠す必要があります。

 

おしゃれを仕事に!アパレル業界の長期インターンを探す

 

ピアス穴の隠し方

インターンや就活中にさえピアス穴を隠しておけば、プライベートではどれだけピアスをつけようと自由です。本格的にピアス穴を埋めてしまう必要はありません。

 

ピアス穴を目立たないよう隠すためには、絆創膏や医療用のファンデーションテープを使うことが一般的です。肌色のものを小さく切って貼れば、ほとんど目立たなくなります。絆創膏を貼る場合でも、大きいサイズのまま耳をぐるっと取り巻くように貼るのではなく、小さいサイズに切ってから隠すようにしましょう。大きいサイズの絆創膏を貼っていると、かえって目立ってしまい相手の気が散ってしまう可能性が高いです。

 

ファンデーションやコンシーラーでもピアス穴は隠せます。小さい穴であればサッとぬるだけで大分目立たなくなりますし、穴が大きい場合はコンシーラーを埋め込めばかなり穴をふさげます。

 

その際、炎症のリスクもあるので、清潔な化粧品を使うようにしてください。手はしっかりと洗い、ピアス穴から細菌が侵入しないようにしましょう。

 

女性であれば、髪の毛で耳を隠すこともできます。ショートボブやセミロング、ロングヘアだと耳に髪の毛がかかっていても不自然ではなく、スタイリングをきちんとすれば清潔感があり好印象な髪形になります。

 

なお、仕事中には前髪やサイドの髪の毛がバサバサと落ちてこないよう、スタイリング剤でまとまりを作ったり、ヘアピンやヘアゴムで髪をとめるようにしましょう。髪で顔が覆われていると、暗く不潔な印象になってしまうので、耳を隠しつつもまとまりのある髪型を目指しましょう。

 

裏技として、透明のリップクリームをピアス穴に埋めるという手法もあります。穴がふさがり、遠くから見ると一見何もないように見えます。塗る際はべたべたにならないよう気を付けて、ピアス穴を埋め込みます。上から軽くファンデーションを塗ると、より肌になじんで目立たなくなります。

 

ただし、ピアス穴を隠した後は、しっかりと洗い清潔な状態を保つようにしましょう。ファンデーションやリップクリーム、絆創膏などで穴をふさいだままにしておくと、炎症を起こしてしまうリスクが高まります。

 

柔軟なシフトOK!週1~2日から参加できる長期インターンを探す

 

まとめ

インターンではピアスを外して参加する方がいいです。ビジネスではピアスはあまり良い印象を与えるものではないので、避けておくべきでしょう。業界によっては完全にNGという場合もあるので、注意が必要です。

 

一方、ピアスに比較的寛容な業界や企業であれば、最初はピアスを外して参加し、徐々に社風にあった身だしなみに揃えていくとよいでしょう。不安があれば、社員のピアス状況をよく確認した上で、先輩社員に質問してみることです。

 

ピアス穴は絆創膏やファンデーションテープ、コンシーラー、ファンデーション、リップクリームなどを使えば目立たなくすることができます。複数穴が開いている場合や、ピアス穴が大きい場合は、できる限り目立たなくする努力をすべきだと言えます。もし、ピアスをつけて仕事をしたい場合は、ピアスOKのインターンを探してください。

 

ビジネスでは身だしなみは非常に重要な要素です。マイナスの印象を与えてしまわないよう、配慮していきましょう。

 

日本最大級の長期有給インターンサイト「ゼロワンインターン」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で