インターン・就活で求められる職種別スキル/販売・技術編


インターン先や就職先として候補に挙がることも珍しくない販売や技術系の職種。求人の数としては比較的多い部類に入るこれらの職種ですが、だからと言って誰でも気軽にチャレンジできる仕事ではありません。販売職には販売職の、技術職には技術職の、特別な素養やスキルが必要となるものです。

 

就活時はもちろん、インターン選考時でも、選考突破の確率を少しでも上げていくためには、それぞれの職種に合ったスキルを事前に身につけておいたり、必要な素養を理解しておくことが大切。しかし、多くの学生はイメージの中だけでそれらの仕事を判断してしまい、正しいスキルを身につけることができずに終わってしまうこともよくあるものです。

 

そこで今回は、販売・技術に関する職種に関して、必要とされるスキルや素養について解説していきましょう。将来これらの職種につこうと考えている人はもちろん、幅広く業界研究や仕事研究をしている人にとっても、必ず役立つ情報ですよ。

 

コミュニケーション能力を磨いて伸ばす!接客/販売のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

販売職に求められるスキルとは?

販売のイメージで最もしっくりくるのが、接客業のイメージでしょう。一般のお客様を相手に、気持ちの良いサービスを提供し、満足してもらうことが使命です。

 

そのため、必要となるスキルも接客力と思われがち。確かにそれらのスキルも重要で、必ず役立つものではあるのですが、この仕事の本質はそこではありません。いくら相手のことを想い、自分が思う最高の接客をしたとしても、必ずしも良い結果が返ってくるとは限りません。

 

そこに強いこだわりを持ち過ぎてしまうと、かえって自分の努力が実を結ばない悲しみを味わう機会も増えてしまうでしょう。販売職は、その場その場で最高のサービスを提供すれば良いというほど、単純なものではないのです。

 

華やかな職場で働こう!アパレル/ファッションのおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

販売職は、不測の事態に対応できる柔軟性と強靭なメンタルが大切

そんな販売職に求められるのは、どんな時でも最善の手段を講じることができる柔軟性と、少しのことではへこたれない強靭なメンタルです。

 

一般のお客様を相手にすると、BtoBの仕事にあるビジネス上の常識が通用しないことが多々あります。もちろん、お客様対応に関してのマニュアルも充実しているでしょうが、大切なのはマニュアルに載っていないことが起きた時。マニュアルに書いてあることに関しては、覚えれば誰だってできるものでもありますからね。

 

そうした不測の事態が起きた時に、マニュアルがないからと混乱することなく、その場その場の状況に合わせて臨機応変に考えや行動を変えていける人が求められます。それこそ、ちょっとした不注意で商品を壊してしまったり、お客様に何らかの被害を与えてしまったり。そこでオタオタしてしまっていては被害をさらに大きくしかねません。

 

周りの安全や、周囲の感情をしっかりと感じ取り、今なすべきことをしっかり判断できる柔軟性こそ、販売職にとって最も重要な素養と言えるでしょう。

 

また、時にはお客様からお叱りを受けるケースもあるでしょう。もちろんこちらに非があることもありますし、少々理不尽な怒られ方をすることもあるはずです。そんな時にいちいちメンタルを崩してしまっていては、良い仕事はできません。

 

過ぎたことは仕方がないと、ある意味楽観的に考えて、次のお客様に対するサービスをおろそかにしない。そんな図太さを持った精神力も大切だということを覚えておきましょう。トラブルを起こさないのが一番ですが、どんなに注意しても起こる時は起こるもの。しっかりと切り替えられるように日ごろからトレーニングをしておくと良いですね。

 

流行の最先端!渋谷区のおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

技術職に求められるスキルとは?

技術職に関しても、求められるスキルは何となくイメージしやすい部類の仕事にはなるでしょう。高い専門知識と、それに応じた高い技術を持っていることが前提と思われがちです。

 

しかし実はこれも大きな間違いで、技術職を求める会社の多くは、基本的な知識こそ求めても、専門性の高い技術を求めることはまれです。それは、仕事を通してでしか得られない知識がたくさんあることがわかっているからであり、ここの学生に期待しても無意味であるということがわかっているから。

 

そう考えると、技術職を目指す際に、例えばそこまで深い知識を持っていないから、専攻していたジャンルが違うからといった理由で諦めなくても良いということです。

 

実務を通してスキルを身につける!エンジニア・プログラマーのおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

技術だけに傾倒せず、経営までも見据える目線が大切

では、技術職に求められる素養とは一体どういったものなのでしょうか。結論から先に言ってしまえば、技術だけにこだわらない、ジェネラリストな思考です。技術畑の人に多い傾向としてあるのが、とにかく専門性を突き詰めていった、スペシャリストを目指したいという志向。

 

たしかにそれはそれで非常に価値のあることですし、必要な要素でもあるのですが、逆にみんながみんなそれを求めていってしまっては、組織としてのバランスを保つことができません。

 

今本当に求められているのは、そういったスペシャリストたちを束ね、ともすれば技術畑から経営にまでアプローチすることができるジェネラリスト。時には下につく技術者に対して技術的指導もしつつ、技術観点からみた新しい経営企画にもチャレンジしていくことが出来る人材が、今最も必要とされているのです。

 

ですから、技術的な部分だけを磨くのではなく、時には営業的な側面や、時にはマーケティング的な側面なども、多角的に、広い視野で見ていけるような人材になる努力をした方が良いでしょう。実際、若いうちは良いですが、歳を重ねれば重ねるほど、技術一本で食っていくことは難しくもなっていきますからね。

 

どんなことにもアンテナを高く張り、一見すると役に立たないと思うようなことでも積極的に吸収し、いつか活かせる日のことを考えて愚直に学び続けられる人を目指していってください。

 

最先端技術に触れよう!メーカーのおすすめ長期インターンシップ募集情報

 

まとめ

就職活動での内定獲得や、希望のインターンへの合格、そして社会人になった後の活躍を考えた場合、いかに事前にたくさんの情報を仕入れ、その会社やその仕事が求めるものは何なのかということを深く理解しておくことが大切です。

 

特に今回紹介したような販売職や技術職に関しては、特に「なんとなく」で仕事のイメージを持ってしまいやすく、その仕事を経験したことがない人でも比較的容易に働くイメージを持ててしまう仕事こそ危険であるということを覚えておきましょう。

 

販売職であれば、とにかくお客様第一で、その場その場のサービスの質を向上させれば良いと考える人も多いかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろそれらはマニュアルさえ整えていれば誰でもできる仕事。極論を言ってしまえばアルバイトでもできる仕事と言えるでしょう。

 

それよりも、将来的にはたくさんのアルバイトをまとめ、リーダーとして活躍していくことが求められる人材なわけですから、求められるのは不測の事態にも焦らず対応できる柔軟性。そこのアピールをしっかりすることができれば、面接官の心をグッと引き寄せることができるはずです。

 

技術職についても同じです。技術をひたすら磨けば良いと考える人もいますが、今一番求められるのは、技術ができる経営者です。広い視野を持ち、技術の目線からみた経営企画こそ、企業が本当に求める人材と言えるでしょう。

 

イメージだけでその仕事に必要なものを勝手に想像するのではなく、しっかりと今の社会にあったスキルを伸ばしていくようにしてくださいね。

 

全国の長期インターンシップ・有給インターン情報を掲載!「ゼロワンインターン」はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で