29歳で就職し31歳で起業したイケメンIT社長の話 

man_kabin

【プロフィール】

株式会社キャストエイジ 代表取締役 飯塚慎二

1977年、愛知県生まれ。大学を中退後、3度の海外留学を経験。留学先のアメリカでインターネットに魅せられ、Webの仕事に就くことを決意。

SEの経験を経て31歳で株式会社キャストエイジを設立。

Webサイト制作事業をメインに成長を続ける株式会社キャストエイジ。

代表の飯塚氏は日本の大学を中退して路頭に迷ったが、海外留学で自分の夢を見つけ起業した異色の経歴の持ち主だ。

数々の挫折経験を経て同社を立ち上げた飯塚氏に、起業時の想いなどを伺った。

 

将来起業したい学生は必見!起業ノウハウが学べるおすすめインターン募集

 

突然の大学中退。自分でお金を貯めて留学へ。

man_shiroPC

質問:飯塚さんのご経歴を教えてください。

僕の経歴ですか。無茶苦茶ですよ(笑)。

愛知県の田舎で生まれて、小中高と兄が行っていた学校に自分も行きました。当時は自分の意思がなくて、なんでも兄の真似をする子どもでした。

大学も兄と同じ私立大学に入ったんですけど自分の意志で行ったわけでもない大学が面白いわけもなく、結局1年で中退してしまいました。

大学を中退したらなんとなく家にいづらくなって、20歳で家出をする形で東京に出てきたんです。

東京に出て来てからは工場に住み込みで働いたり深夜バイトしたりとその日暮らしの毎日を送っていました。

なんの目標もなく日々過ごしていたんですが、ある日突然連絡先も教えていなかった父親から電話があり、厳しく叱責してくれたんです。目標を立てて人生やり直せと。

父からの電話を受けて、初めて兄のモノマネを卒業して、自分の意思で将来の目標を立てることにしたんです。今思えば、父からのこの連絡で人生が変わったと思います。

短絡的な考え方ですが、これまで日本でやりたいことが見つからなかったということは海外にはあるのではないかと思いまずは留学をしようという決意しました。

今まで一日を生き延びるために続けてきた辛い仕事が目標のための仕事になった瞬間、ほんとに辛くなくなりましたね。

そこから死に物狂いでお金をためてカナダの語学学校に行きました。
1年分しかお金を貯めてないので、初めて必死に勉強しましたよ。

その時初めてインターネットとパソコンに触れたのですが、元々3歳ぐらいの時から電化製品を分解したりラジコンを修理をしたりするようなギーク気質なので、パソコンにも一気にハマりました。

それからアメリカへ2回、計3度の留学を経験したのですが、3度目の留学の時にWebの仕事で生きていこうという夢を持つようになったんです。

最終的に日本に帰ってきたのは29歳の時で、そこから2年ほどSEとして企業で武者修行した後に、自分の力を試すべく31歳でキャストエイジを設立し、おかげさまで今年で8年目を迎えることができました。

 

おすすめの海外インターンシップ募集

 

質問:すごい、波乱万丈ですね

はい、やりたいことを自分が納得するまで突き詰めてみたらこんな風になってました(笑)。 本当は夢を見つけさせてくれたアメリカで仕事に就きたかったんですが、どこも受け容れてくれなくて。

アメリカ企業にとって異国人を受け容れるには就労ビザをフルサポートしなければならないので、ある程度の体力もいるし、文化的なステレオタイプもあるでしょうから、リスクを追わずに自国民を優先するのは当然でしょうね。

これは自慢ですが、3度目の留学ではWebデザインとコンピューター&ネットワークテクノロジーのダブルメジャー(二つの専攻を同時に履修)を最短で主席で卒業したんです。

それでも門前払いですよ。

何社も渡り歩いた結果、とある会社がタダ同然でインターンシップとして受け入れてくれましたが、そこからの社員登用は叶わず、日本に帰国することとなりました。

インターンシップに受け入れてもらえたことは大変嬉しかったですけど、同時にそこからの社員登用に至らなかったことは挫折体験として今も残ってます。

 

頑張った分しっかり評価される!人気の内定直結インターンシップ募集

 

留学時代に体験した刺激を求め起業を決意

man_eda

質問:帰国後はどうされたんですか?

帰国後は、自分のアメリカでの実績が日本で通じるのかを試したいと思い、就職活動をしました。

あれほどアメリカでは拒絶されていたのに、ITバブル期の影響か応募した企業すべて合格しました。今までとは真逆の選ぶ側の立場になり、正直戸惑いましたね。

大手企業からの合格も頂きましたが、自分を殺して作業者に徹するよりも、自分らしさを活かせる企業で経験を積みたいと思い、ベンチャー企業を選びました。

この会社が実はすごくて、大手システム会社の元役員の方が立ち上げた会社で名だたる企業、国の機関システムを請け負っている会社だったんです。

自分も初年度から上流工程と言われる提案、すなわちこちらからのプレゼンから運用保守の下流工程までの全工程をやらせてもらえて、本当に貴重な経験ができました。2年弱お世話になりましたが感覚的には20年ぶんくらいの経験ができたと思います。

 

成長したい学生おすすめ!人気のベンチャーインターンシップ募集

 

質問:そんな魅力的な職場なのに、なぜ辞めてしまったんですか?

職場のレベルが高すぎたおかげで、一連の流れを習得できたので自分でもできると錯覚したんでしょうね。自分でも行けるという自信は2年間で充分身につきました。

あとはとにかく、早く自力でお金を稼ぎたかった。これも起業のエネルギーになりました。

留学中は自分のまわりは金持ちのボンボンばっかりで、僕みたいに自分でお金を貯めて学校に来ている人はほとんどいなかったんです。

パソコン1つとっても、絶対にそんなに必要ないだろっていうくらいハイスペックなパソコンを持ってたりするわけです。

別に彼らが悪いっていう話ではないんですけど、やっぱりお金というステータスによってこれだけの格差が生まれるんだ、という現実を見せられた気がしました。

とにかく悔しくて、絶対に彼らよりも稼ぐ男になってやると思いました。さっきのインターンに受からなかった経験とかもそうですけど、留学経験を通して反骨心は相当に養われたと思います。

 

長期インターンで稼ぐ力をつけよう!おすすめの長期インターンシップ募集

 

質問:実際起業された後は、順調に行ったんですか?

いやー、とんでもなく苦労しましたよ。正直、十分な準備もないまま起業をするのは今ならおすすめしません。

あたりまえですが、知識や技術があってもクライアントがいなければどうにもならないんですけど当時はそれにも気づかず、苦しかったですね。

最初の1年間は極貧で、全財産が700円台の時も普通にありました。

起業を考えている方は、安定している時に是非いっぱい種を撒いておくことをおすすめします。

 

起業知識が身につく。学生起業を目指す人におすすめインターン募集

 

チャンスを逃したと感じている学生に、是非インターンに挑戦してほしい

man_shiroPC_migi

質問:今回のインターンシップ募集では、学生にどんなことを任せて行きますか?

全てです。

キャストエイジは提案・受注・納品・運用と一気通貫で仕事をさせていただくスタイルです。起業したい人は一連の流れ、Webに特化したい人は制作、まだはっきりわからない人はとりあえず体験してみるといいと思います。

チャンスを逃すということは一生ありません。それは諦めです。私は27歳でようやく夢を見つけ、チャレンジし続けてチャンスを掴み今があります。

経験がない人でもしっかり教えて行くので、たくさんの人にチャレンジしてほしいと思ってます。

 

しっかり教えてもらえるから安心。研修充実のインターンシップ募集

 

質問:未経験の学生でも挑戦できるんですか?

はい。今回の仕事は、こちらがしっかり教えさえすれば経験がなくても十分にこなしてもらえる仕事だと思います。

昔の僕はインターンシップをしたくても門前払いされて、とても悔しい想いをしました。

その時とは国も時代も違いますけど、自ら学ぶ姿勢を持った学生さんがいるのならその姿勢を尊重したいという強い想いがあります。

 

大人気!初心者・未経験者歓迎のインターンシップ募集

 

質問:どんな学生と一緒に働きたいと思いますか?

  • 自分を持っている人。
  • 負けず嫌いな人。
  • 好奇心・探究心が強い人。
  • 世の中に不満がある人。
  • 今までインスパイアされたことがない人
  • そういった人があってると思います。

まず目標を決めて下さい。好きなことを見つけて下さい。新しい自分を見つけて下さい。
そして新しい力をキャストエイジに貸してください。

 

初めの一歩を踏み出そう!日本最大級のインターン募集サイト『ゼロワンインターン』を見る

 

株式会社キャストエイジのデザイナーインターンシップ求人情報・応募はこちら

 

〜その他、当記事に関連する特集〜

  1. 目黒のインターンシップ募集
  2. 広告業界・マスコミ業界のインターンシップ募集
  3. Webデザイナーインターンシップ募集
  4. 在宅勤務・ノマドワーカー歓迎のインターンシップ募集
  5. 週1日・週2日OKのインターンシップ募集

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です