大学生におすすめのプログラミング勉強法!初心者・未経験必読

プログラマーやエンジニアに興味はあるけれど、初心者なので具体的に何から勉強すればいいのか分からない。学校のプログラミングの授業を受けたが、具体的にどう役立つのかイメージつかない。IT業界WEB業界に興味があり、独学で勉強してみたが、なかなかうまくいかない。

そんな大学生向けに、効率的に勉強ができて、しかもお金がかからない無料のプログラミング勉強法とそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

無料のプログラミング学習ツールを利用する

まず一つ目は、無料のプログラミング学習ツールです。最近は無料でプログラミングの勉強ツールを提供してくれるWebサービスが増えたので、使わない手はないです。なんせ無料なので、損はありません。

無料のプログラミング学習ツールのメリット

一番のメリットは、やはりお金がかからないということです。無料といっても年々サービスは充実してきているので、とくに未経験者にはおすすめです。

もう一つのメリットは、好きな場所・好きな時間に勉強できることです。全てWeb上でサービス利用できるので、インターネット環境さえ整っていればOKです。

「無料 プログラミングツール」とネットで検索するといくつも出てきますので、一度検索してみてください。無料のプログラミングツールで学べる内容自体は基礎的なところが多いので、あまりツール毎の差はありません。いくつか無料登録をしてみて、操作方法などが自分に合っているか、サイトが見やすいかで最終的に一つ選ぶことをおすすめします。

無料のプログラミング学習ツールのデメリット

多くの学習ツールが無料版と有料版と両方用意しています。無料版では使用できるサービスが一部に限定されていて、基礎的な部分しか学ぶことができない場合が多いです。それ以上学びたければ、有料版への切り替えが必要になってしまいます。

また、基本的には一人で勉強をすすめることになるので、分からないことがあった時に質問したり、調子が上がらないときに声をかけてくれる仲間はいません。

セルフコントロールができないと、多くの場合途中で挫折して辞めてしまいます。

プロに教えてもらえて、しかも稼げる。エンジニアの有給インターンに参加する

もう一つおすすめするプログラミング勉強法が、エンジニアの有給インターンシップに参加することです。有給インターンシップとは、在学中に企業で実際にエンジニアとして働くことです。経験者を中心に募集しているところが多かったですが、最近ではエンジニア不足のために、未経験でもOKな企業が増えてきました。多くの企業が大学1年生から受け入れをしています。

プログラミングを勉強するのであれば、こういったエンジニアのインターンシップを活用するという手段もあります。

未経験からスタートできる!プログラミング学習が充実のエンジニアインターンはこちら

エンジニアの有給インターンに参加するメリット

有給インターンシップの場合、無料どころか、むしろお金をもらいながらプログラミングの勉強をすることができます。また、プロのプログラマーやエンジニアから最先端の技術やノウハウを直接教えてもらいながら学習することができるので、独学よりもはるかに効率がよく、途中で挫折することは少ないです。

在学中からプログラマーやエンジニアの実務を経験している学生はまだあまり多くないので、就活を考えている学生にとっては非常に有利な自己PRなりますし、自分で起業やフリーランスで仕事を考えている学生にとっても、非常に良い経験になります。

エンジニアの有給インターンに参加するデメリット

好きな時に好きな場所で勉強ができる無料の学習ツールとは違い、出勤する必要があります。企業によって募集条件は異なりますが、少ない企業で週1日から、多い企業で週4,5日ほど決まった時間に企業でインターンシップに参加します。

お金をもらって学習の場を提供してもらう以上、始めるからには気軽に辞めることはできません。もし何かプロジェクトチームに参加させてもらうレベルまでになれば、その納期までだったり、最低でも数週間から1ヶ月前に辞める告知をする必要があります。

エンジニアの有給インターンシップ募集一覧

最後に

気軽に勉強したい方は、無料ツールからがおすすめ!

気軽に、まずはライトにプログラミングを勉強したい方は、まずは無料のプログラミン学習ツールから始めることをおすすめします。プログラミングには色々なコンピュータ言語があります。何を作りたいのか既に決まっている場合は、それを作るために必要な言語を調べてから、検索することをおすすめします。

例えば「iPhoneアプリ コンピュータ言語」みたいな感じです。

もし特に決めていないようであれば、プログラミングの基礎が学べるPHPから勉強することをおすすめします。その後、やりたいことが見えてきたら、新しく学ぶ言語を増やしていくやり方がおすすめです。

しっかり学びたい方は、エンジニアの有給インターンがおすすめ

やるからにはしっかり学びたい、効率よく勉強したいという方にはエンジニアの長期インターンシップがおすすめです。

通常スクールに通ってプロのプログラマーやエンジニアから学ぶとなれば、1ヶ月で数万〜数十万支払わなければいけないところを、逆にお金をもらえるインターンシップを利用しない手はないです。これは大学生だけの特権とも言えます。

アルバイト代わりにエンジニアの有給インターンシップを始めて、稼ぎながらプログラマーやエンジアとしても成長するというやり方もできます。

エンジニアインターンシップにハマった東工大生の体験談


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です