面接にリュックで行くのはアリ?就活に適したカバンとは


ビジネスパーソンの間で流行しているビジネスリュックですが、就活生が面接で使うのはアリなのでしょうか。

 

両手が使えるため使い勝手がよく、荷物の負担も軽減できるというメリットも大きいですが、一方でフォーマルな印象を与えないというデメリットもあります。

 

ここでは、就活に適したカバンの種類について解説していきます。

 

インターンとは何?アルバイトとの違い・意味・目的を知ろう

 

面接にリュックで行くのは避けておくべき3つの理由

結論から言うと、面接にリュックで行くのは避けておくべきと言えます。その理由を具体的に見ていきましょう。

 

・カジュアルに見える

 

荷物の持ち運びや移動に便利なビジネスリュックですが、背負った姿はどうしてもカジュアルな印象を与えてしまうものです。ビジネスパーソンでも利用している人が多いものの、カジュアルすぎると言って良く思わない人が一定数いるのも確かです。

 

就職活動の面接は、非常にフォーマルな場です。採用担当者がリュック賛成派の人であるとも限らないので、面接にリュックで行くことは避けておいた方が無難だと言えるでしょう。余計なところで採用担当者の気に障ってしまうことがないよう、就活やビジネスなどあらゆるシーンで活用できるカバンをセレクトしておくことをおすすめします。

 

・スーツにシワができる

 

リュックは両肩にかけるものなので、背負うとどうしてもスーツにシワができてしまいやすいです。前日にどれだけアイロンをあててシワを伸ばしても、リュックを背負って移動している内にシワができてしまってはもったいないです。

 

面接では身だしなみが非常に重視されるので、できるだけスーツにシワが入らないよう気を使っておくべきなのです。

 

・書類が管理しづらい

 

最近はA4サイズの書類が入るビジネスリュックも増えてきましたが、一般的なリュックだと書類の管理がしづらいものも多いです。履歴書やエントリーシートなど、就活中は持ち運ぶ書類が多く、それらは採用担当者に提出しなければなりません。

 

また、リュックは素材が柔らかく、電車などでの移動中にカバンの中の書類が押しつぶされてしまう可能性があります。採用担当者に提出する際に、書類がしわくちゃの状態になってしまうと、印象が悪くなってしまいます。そのため、就活では書類が整理しやすいカバンを選んだ方がいいのです。

 

ファッションを仕事に!アパレル業界の長期インターンを探す

 

就活に適したカバンの種類とは

では、就活に適したカバンとはどのような種類のものになるのでしょうか。ポイントを抑えて自分にぴったりな就活用カバンを選びましょう。

 

・A4サイズの書類が入る黒いカバン

 

まず、A4サイズの書類がスムーズに入るカバンを選ぶようにしましょう。履歴書やエントリーシート、会社説明パンフレットなど、就活ではA4サイズの書類をよく扱うことになります。そのため、折り曲げることなくきれいな状態でカバンにしまえるよう、サイズ選びは慎重になりましょう。

 

カバンを購入する際は、実際にA4サイズのファイルを持っていって、きちんと入るかどうかを確かめてみるのも一つの手です。カバンの中の仕切りが工夫されているものも多く販売されているので、自分にとって使い勝手のいい一品を選びましょう。

 

また、色は黒を選ぶようにしましょう。派手な色や柄が入ったカバンはフォーマルな場にふさわしくなく、採用担当者に非常識だと思われかねません。シンプルで上品な見た目のカバンであれば、好印象を与えることができます。

 

・床に置いた時に自立するカバン

 

面接では、自分の椅子の横にカバンを置くことになる機会が増えます。その際、床にカバンを寝かせて置くとだらしない印象になってしまいます。なので、床に置いた時に自立するカバンを選ぶようにしましょう。

 

柔らかい素材のカバンは自立しづらいので、革のカバンやナイロンでもしっかりと厚みのある種類のものを選ぶといいです。物を入れると倒れてしまう可能性もあるので、購入する際はファイルやペンケースなどを実際に入れてみて、自立するかを確認するといいでしょう。

 

・ビジネス用の3wayカバン

 

ビジネス用の3wayカバンもおすすめです。3wayカバンとは、手提げカバン・リュック・ショルダーバックといった3パターンの使い方ができるカバンのこと。状況に応じて使い分けられる便利さから、ビジネスパーソンからの人気が高まっている商品です。

 

面接ではビジネス用の手提げカバンとして利用して、別のシーンではリュックを利用するといった使い方ができるので、就活が終わり社会人になってからも使いやすいでしょう。ただし、就活中はスーツにシワができてしまい、カジュアルな印象を与えてしまうので、リュックやショルダーバックでの利用は避けるようにしてください。荷物が重たければ、行きは手提げ、帰り道ではリュックという形で使い分け、家に帰ってからスーツのシワを伸ばすようにするのもよいでしょう。

 

3wayカバンには様々なデザインのものがあります。就活でも利用するのであれば、装飾が少なくシンプルなデザインで、黒色のものを選ぶのをおすすめします。表面にポケットやチャック、ベルトなどの装飾が付きすぎたものは、便利ではありますがカジュアルな印象になってしまうので避けるべきです。シンプルなスクエア型のものであれば、フォーマルな場にもふさわしくなります。

 

3wayバッグは、中身にこだわった商品も多く販売されています。仕切りが豊富で資料や持ち物の仕分けがしやすいものや、スーツのジャケットが入り1泊2日程度の宿泊にも対応できるものなど、様々な特色を持ったカバンがあります。泊りがけで都心に出向く機会が多い場合は、容量が多く荷物をたくさん入れられるカバンを選ぶと使い勝手がよいでしょう。

 

・カバン選びに迷ったらスタッフに相談しよう

 

就活に適したカバンは、スーツ専門店やカバン専門フロアに行けば様々な種類から選ぶことができます。しかし、どのカバンを選べばいいか、スーツに似合うカバンはどれか迷ってしまった場合は、フロアにいるスタッフに相談してみましょう。

 

スタッフはカバンのエキスパートなので、あなたにぴったりな商品を選んでくれます。また、それぞれのカバンの強みも熟知しているので、利用方法や利用シーンに合わせて提案してもらえるでしょう。

 

普段スタッフに相談することがない方は、少し緊張してしまうかもしれませんが、スタッフは相談に慣れていますので安心してください。「就活用のカバンを探しているのですが、どれがおすすめですか?」と聞けば、きっとあなたにぴったりなカバンが見つかるはずですよ。

 

インターン初心者歓迎!未経験OKの長期インターンを探す

 

まとめ

就職活動の面接はフォーマルな場所なので、ビジネスにふさわしいカバンを選ぶ必要があります。両手が使えて荷物の持ち運びに便利なリュックですが、面接ではスーツにシワが入ってしまったり、カジュアルな印象を与えてしまったりするので、避けるようにしましょう。

 

採用担当者は、意外と細かいところまで気にしているものです。カバンなんて見られていないと考えていると、思わぬところで減点されてしまうかもしれません。

 

面接時にもきちんと自立する形で、シンプルな黒色のカバンを選んでおけば、問題はありません。リクルートカバンの中でもお気に入りの一品を見つけて、胸を張って面接に挑みましょう。

 

日本最大級の長期有給インターン求人サイト「ゼロワンインターン」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で