大企業とベンチャー企業の違いは?働き方、身につくスキル

昨今、大手志向の学生が非常に多くなっています。

特に、マイナビが2018年卒の学生にとったアンケートでは、大手志向の学生が52.4%と過半数を越しており、今後も増えていくことが予想されます。

また、学生の中には一定数成長できる環境を求め、ベンチャー企業を志望する学生もいると思います。

ここでは、大手企業とベンチャー企業の働き方の違いや、身につくスキルについて調べていきます。

 

有名企業へ内定多数のおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

大企業とベンチャー企業それぞれの働き方は

まず最初に大企業とベンチャー企業、それぞれの働き方の違いについて調べていきます。

よくベンチャー企業と大手企業の働き方は違うと言われますが、ここではその違いについて説明します。

 

少数精鋭のおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

大企業の働き方

大手企業では、基本的に仕事に対してチームで取り組むことになります。

一つのプロジェクトに対して、チームで取り掛かることが多いのでチームプレーが重要です。

団体の中で自分がどのように行動するべきか、理解することができると思います。

また、大手企業同士が手を組んで行うプロジェクトような規模が大きいプロジェクトにも携わることも特徴でしょう。

企業によっては国家単位のプロジェクトにも関わることもあり、その影響力は巨大です。

ビジネスの単位も大きく、自分が関わった仕事の影響が多くの人に及ぶので、やりがいも大きいでしょう。

商品の知名度が高いことから、営業活動がスムーズに進むことも多いことも一つのスケールメリットでしょう。

反面、組織が大きいぶん、下記のようなデメリットは存在します。

  • 仕事を円滑に進めるために社内調整が必要であるケース
  • 社内の派閥、政治圧などが存在する
  • 必要な手続きが多く仕事の進みが遅くなってしまうこと
  • 成果に応じた出世や昇給が行われるとは限らない

社内規模が大きい以上、これらのデメリットがあるようです。

大企業の働き方は、スピード感や裁量権という言葉からは少し遠い環境にあるかもしれません。

 

上場企業のおすすめ長期インターン・有給インターンシップ募集情報まとめ

 

ベンチャー企業の働き方は

ベンチャー企業の働き方は大企業とは対照的です。

もちろん会社に利益をもたらすという大きなテーマはありますが、その中では裁量権やスピード感を持って働くことができます。

社員の意見を積極的に事業に取り入れる企業も多く、会社に対して、主体的に携わることが求められます。

やはり、大企業と比べると扱う案件は小さいものが多いとは思いますが、一人一人の社員が自分の考えでプロジェクトに取り組むことができると思います。

また、自分の売り上げが会社全体の売り上げに対して、大きな割合を占めることもあります。

このやりがいは大企業では味わうことができないのではないでしょうか。

さらに、自分の活躍によって会社を大きくしていくということもやりがいの一つでしょう。

徐々に会社の規模感が大きくなっていくことに対する喜びは、大企業では感じることが難しいのではないかと思います。。

反面、ベンチャー企業ならではの働き方のデメリットも存在します。

大手企業よりも、福利厚生や労働環境が整っていない可能性があるなどはデメリットでしょう。

また、ベンチャー企業には、事業の不安定性も存在します。

倒産のリスクなども背負い続けなければいけないことはベンチャー企業ならではのデメリットですね。

 

ベンチャー企業のおすすめインターン・インターンシップ募集求人まとめ

 

大企業とベンチャー企業で身につくスキルの違いとは

大手企業とベンチャー企業の、働き方の違いについて説明いたしました。

もちろん働き方が違えば、身につくスキルも違うはずですよね。

ここからは、大企業とベンチャー企業で身につくスキルの違いについて見ていきましょう。

 

東京都の長期インターン・有給インターンシップ募集求人まとめ

 

大手企業で身につくスキルとは

大企業で身につくスキルは、やはりチームで事業を運営するスキルでしょう。

自分の立場や役割ふまえ、その中でどう行動すべきかを考える習慣が身につきます。

また、関係各所や関連会社とのやりとりの中で、コミュニケーション力や、調整力は磨くことができるでしょう。

また、大きなプロジェクトでは、社内の別部署や異業他社との協業することもあるので、自分の専門以外の知識も身につけることができると思います。

さらに大企業の場合には、今までの経営資源や課題解決のノウハウなどからも、知識やスキルを勉強することができるでしょう。

企業規模が大きいぶん課題解決のためのノウハウがたまるスピードも早く、それを吸収する機会も多いということですね。

また、研修が充実していることも多く、着実に成長することができる機会があることも間違いないと思います。

 

研修充実のインターン・インターンシップ募集情報まとめ

 

ベンチャー企業で身につけることができるスキルとは

ベンチャー企業の特徴は若手から積極的に活躍できる所にあります。

また、仕事への取り組み方の主体性や自発性も身につくでしょう。

ベンチャー企業では、若手のうちから、自分の頭で考えて行動する習慣が身につくと思います。

また、あなたが中心となってプロジェクトを回すこともあると思いますので、チームをマネジメントする力や、プロジェクトの企画力、提案力などの力を身につけることもできるでしょう。

新卒でも、結果によってはマネージャーに昇進することもあると思います。

そうなれば早いうちに部下を持ち、管理する力も身につくでしょう。

ベンチャー企業の場合には一人がいくつもの職種の業務に取り掛かることもあるので、自然と複数のスキルが身につくこともあるようです。

 

少数精鋭のおすすめ長期有給インターンシップ募集情報まとめ

 

大手企業とベンチャー企業就職するならどっち?

結論からいうと、「あなた次第」という答えになるでしょう。

  • ベンチャー企業だから成長できる
  • 大手企業だから大きなプロジェクトを任せてもらえる

という訳ではなく、あなたの意欲や姿勢による部分が非常に大きいです。

どの規模の会社に行こうと、あなたがそこでどのような活躍ができるかはあなたのマインド次第です。

自己分析を行い、自分の適性を確かめた上で、その適性に合う企業に行くべきです。

ベンチャーに行ったから、〇〇

大企業に行ったから〇〇

という選び方ではなく

〇〇だからベンチャーに行く

〇〇だから大企業にいく

という企業の選び方ができると就活も成功しやすくなるのではないでしょうか。

 

渋谷区のおすすめ長期インターンシップ募集情報まとめ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大手企業とベンチャー企業の違いについて触れさせていただきました。

二つの企業形態は働き方は全くの別物なので、自分がどのような働き方をしたいか理解した上で志望する企業を決めることができればいいと思います。

どちらが優れている訳ではなく、どちらが自分に合うかという話です。

自己分析を行い、自分のことをよく知った上で、志望先を決めるようにしましょう。

 

日本最大級のインターンシップ募集サイト『ゼロワンインターン』

 


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"