【ZEINのインターン歴最長者に聞いてみた!】リーダーとは?・インターン募集情報ならゼロワンインターン

メニュー
2022.08.05

【ZEINのインターン歴最長者に聞いてみた!】リーダーとは?

  • facebookシェア
  • ツイート
  • はてブ
  • LINEでシェア

参加したインターン先企業名: ZEIN株式会社
参加したインターン: 企画
名前: R.Mさん
大学名: S大学
学年(取材時): 学部4年

インターン活動で掲げていた目標

2年弱、ZEINでインターンをしているため、時期別に説明しますね。 【20年10月~21年12月】 早く新しい仕事を任せてもらえることを目標にしていました。 実際に2ヶ月目から、他の人よりも早く、フィード記事の執筆以外にミートアップの企画に携わることができました。 【21年1月~21年3月】 新しいリーダーとして、リーダー、サブリーダーの卒業に伴う業務の引き継ぎを完璧にすることを目標にしていました。 当時の役員の方との面談で、「松本くんは、今いるリーダーにはなる必要はない」と言われたことを今でも鮮明に覚えています。 当時はその意味について理解することができませんでしたが、今考えると自分らしさを大切にし、自分でやれることを探して頑張ってほしいという意味だと思いますね。 【21年4月~21年12月】 リーダーとして、23卒採用を22卒採用以上に実りあるものにすることを目標にしていました。 具体的には、新卒採用・インターンのエントリー数向上を目的とした採用チャネル選定・導入、会社イベント記事に注力しました。 【22年1月~22年7月】 より良いチーム作りを目標にしていました。インターン初期では、チームで活動していく中で、円滑な業務の遂行のみを重要視していました。 しかし、実際はメンバーとの交流を大切にする情緒的な側面も同様に重要であると気がつきました。そこから、役員を含めたご飯会やインターン生向けの研修などの企画も行いました。

インターンリーダーとして意識したこと

「次のアクションにつながる発言か」ということです。 今後、コンサルタントとして活躍していく中で教科書的に正しいことだけを相手に主張しても、相手が実際に何をすれば良いのかが分からず、結果として目指すべき状態を達成できないのは、コンサルタントとして恥ずかしいなと思いました。 そこで、まずはこのZEINのインターンを通して相手のアクションが明確になるフィードバックができれば、クライアントから信頼されるコンサルタントに近づくのではと思い、心がけて取り組みました。 メンバーが執筆した社員インタビュー記事のレビュー等で、「ここが良くないね?」だけ指摘するのではなく、常に対案やどう考えると良いかなどを打ち出すことを心がけています。

ZEINの魅力

役員直下で働けることです。 私は、ZEINの他にも2社で長期インターンの経験がありますが、役員の方やマネージャーの方と気軽に会話ができることは少ないと思います。 コンサルティングファームの役員の方と気軽に話せる環境に身を置けたおかげで、本選考や内定後の面談でパートナーの方とお話してもスムーズに会話ができたと感じています。

最後に

就活を始めると「コンサルティング」という単語はよく耳にするようになりますが、実際はイメージが掴みにくい仕事だと思います。 ・どのような働き方なのか? ・ドライな雰囲気なのか? ・社員がどんな理由でコンサルへの入社を決めたのか? など文字情報だけでは解消できない疑問がある方も多いのではないでしょうか。 ZEINのインターンシップでは、役員とのコミュニケーションや社員さんへのインタビューなどを通してコンサルについて理解を深めることができると思います。 私もZEINのインターンシップの経験から、「自分はコンサルに合っている」と自信を持って就職活動に取り組め、外資と日系コンサルから超早期内定を頂けました。 皆さんの応募をお待ちしています!

  • facebookシェア
  • ツイート
  • はてブ
  • LINEでシェア