社員とインターン生の垣根なく仕事ができることに衝撃!インターン生から見たStockの魅力とは?・インターン募集情報ならゼロワンインターン

メニュー
2022.06.01

社員とインターン生の垣根なく仕事ができることに衝撃!インターン生から見たStockの魅力とは?

  • facebookシェア
  • ツイート
  • はてブ
  • LINEでシェア

参加したインターン先企業名: 株式会社Stock
参加したインターン: ライター/編集/記者
名前: 高橋法子
大学名: 横浜国立大学
学年(取材時): 学部3年

自己紹介

横浜国立大学2年生の、高橋法子です。 大学では経営学部に所属していて、経営組織論・経営管理論を専攻しています。

Stockで長期インターンを始めたきっかけ

大学で「企業の組織論」について学んでいるものの、大学の座学だけではどうしても「企業で働くということ」のイメージが掴めなかったので、実際に企業で働くことのできる長期インターンを探していました。 多くの企業がある中でもStockに応募したのは、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」という、シンプルで強烈なミッションに魅力を感じたからです。 また、入社前に実際にプロダクトを触ってみると、まさにこれは「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」というミッションに正面から応えているプロダクトだと思いました。 この魅力的なミッションに本気で向かっているチームで自分自身も働きたいと思い、Stockに応募したのが入社のきっかけです。

業務について

私の仕事は、「業務効率化ガイド」というオウンドメディアの記事制作を通じて、Stockの魅力を少しでも多くの方に知ってもらうことです。 いかにしてStockの魅力を伝える記事を制作するかという仕事は、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」というミッションにダイレクトに貢献できるもので、非常に高い充実感を感じて仕事をしています。

「社員」「インターン」の垣根がない環境

Stockのインターンで一番凄いと感じる点は「インターン生だから」という扱いが全くないところです。「社員」「インターン生」の垣根がなく、全員がフェアに同じように接してもらえます。 最も強く感じるのは、Stockの全メンバーが1週間に一度集まって各業務の進捗を確認する「週次ミーティング」にインターン生も参加できる時です。 自分の関わっている領域だけではなく、開発・ビジネス・オペレーション・経営などの各状況を、すべて逐一共有する場に、インターン生も社員と全く同じように参加できるのです。 これだけでも他のインターンではあり得ないことだと思いますが、Stockではただ同席するだけではなく、とにかく積極的に参加して発言することを歓迎されます。 代表の澤村が「発言しないのであれば、社員もインターン生もミーティングに参加する意味が全くない。だから、インターン生もとにかく積極的に発言してほしい。」と繰り返し後押ししてくれるので、インターン生もどんどん発言していくことを歓迎される雰囲気がとても強くあります。 「週次ミーティング」は、社員とインターン生の垣根なく、誰もが積極的に発言しています。とても活発な場で、インターン生にとっても素晴らしいチャンスだと感じています。

Stockのメンバーについて

「スタートアップ」と聞いたので、入社前はガツガツした荒々しい人が多いのかなと思っていたのですが、実際はとにかく穏やかで良い人たちばかりで、良い意味でこのギャップにびっくりしました(笑)。 Stockメンバーは全員「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」というミッションに共感して入って来た人たちなので、あらゆる発言や行動の根底に、このミッションを叶えたいという気持ちがあることをとても強く感じます。 仕事にはとても真面目に取り組むのはもちろんですが、人間的にも良い人で面白い人ばかりのチームです。

長期インターンを検討している方へ

Stockの長期インターンに参加して、実際に企業の中に入ってみないと分からないことが圧倒的に多いということを感じました。そしてその中でも、私はStockを選んで本当に良かったと日々実感しています。 Stockは、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」という明確なミッションに向かって、誰もがそこに向かって真摯に取り組んでいます。 チームメンバーは穏やかで良い方たちばかりで、そして社員とインターン生に全く垣根がありません。 私はStockの長期インターンを始めてから、毎日とても充実感を持って楽しく働けていて、Stockの長期インターンを選んで本当に良かったと感じることが出来ています。 私は、長期インターンを検討している方に、Stockを心からお勧めしたいです。

  • facebookシェア
  • ツイート
  • はてブ
  • LINEでシェア